常に清潔にしておこう|赤ちゃんをアトピー体質にしない

レディーと赤ん坊

何を飲ませてあげるべきか

女性と赤ちゃん

赤ちゃんの飲み水は大人と同じものでも大丈夫ですが、できるだけ軟水を選ぶようにすることがポイントです。また、最近では赤ちゃん専用のお水なども各社から発売されていますから、それを通販などで購入するというのも賢い選択かもしれません。

もっと読む

水分補給の道具

水筒

男性・女性に限らずマイボトルとして水筒を持ち歩く方が増加しています。ペットボトルを購入しなくていいので出費が抑えられますし、魔法瓶タイプのものを選べば最適な状態の温度で飲むことができます。価格も手ごろなので求めやすいものでもあります。

もっと読む

子供のいる家庭に人気

水

ミルクや離乳食のためにウォーターサーバーを使用する赤ちゃん持ちの家庭は、徐々に増えています。赤ちゃんに使用する場合は、ミネラルの量が多くないか、まず確認します。そして、一月あたりのコストを考えて、負担の少ない軟水を選ぶことが大切です。

もっと読む

幼少期の皮膚湿疹の対処法

赤ちゃん

清潔に保湿をする

赤ちゃんは、生後間もなくしてからアトピー性皮膚炎を起こすことがあります。特定のアレルゲンに接触することで、顔や体に湿疹ができるようになります。そのアレルゲンは、食べ物やハウスダスト、ダニ、髪の毛、ペットなど様々なものがあり強いかゆみを伴います。一般的には、成長すると良くなり自然と治ることが多いですが適切なケアがされないと長引いたりひっかき傷がそのまま皮膚に残ってしまうことがあります。そのため、赤ちゃんのアトピーは治りやすいと言われても放置せずに積極的にケアを行っていくことが大事です。入浴時は優しく汚れをよく洗い流し、汗はこまめに拭き取って着替えをさせ保湿を常に行って肌が乾燥しないようにすることが大事です。

食事の取り方を工夫する

赤ちゃんのアトピーを改善するには、まずは食事の取り方を工夫することが大切になります。赤ちゃんの肌は、母親が用意する食事で作られていくからです。母乳をあげている時期にアトピーが発症したら、母親の食事を改善して化学成分が一切含まれていない健康に良いものを中心に食べるようにします。季節の野菜やフルーツなど、その時期に旬のものを食事に積極的に取り入れることが大切です。また、粉ミルクを使っている場合は粉ミルクも一度成分を見直してより体に優しいものに変えてみるなどの工夫が必要になります。赤ちゃんが食事を取れる時期であれば、赤ちゃんの食事にも季節のものを取り入れるようにするなどまずは食事の改善が大事になります。